バストアップできない理由、7つのNG生活習慣とは?

こっそり小さな声で言いますよ。アラサー筆者、まだバストアップを諦めていません!だって、やっぱりふくよかなバストに憧れるんですもの……。そこで今回は、筆者が見つけたバストアップできない理由につながる7つのNG生活習慣についてお教えします。

1.長年同じブラジャーを着用

まずは直接的な影響となる、ブラジャーについて。皆さん、今使っているブラジャー、いつ買いましたか?ブラジャーは常にぴったりのサイズを使用していないと、バストを締め付けたり、逆にたるませてしまったりと、バストアップの妨げになってしまいます。また長年使用していると、ブラジャーの締め付け効果もダウン……。少なくとも年に一度はプロにサイズをチェックしてもらい、新しいブラジャーを着用しましょう。

2.寝る時はノーブラ

一方、寝る時は締め付けが嫌いだからと、ノーブラで寝るのも実はNG生活習慣。寝ている間にバストが垂れてしまい、形が崩れてしまう要因になってしまいます。現在は睡眠時に着用するための締め付けの少ないブラジャーもあるので、ぜひ取り入れてみてください。

3.ダイエット大好き

そして、女性に多いダイエット信仰も、バストアップのことを考えれば、あまりおすすめできません。ダイエットをするとどうしても栄養が偏ってしまいます。バストアップのためには、適度な油も必要。過度のダイエットは控えましょうね。

4.入浴はシャワーだけ

毎晩、お風呂に入っていますか?忙しいからと、ついついシャワーだけになってしまっていませんか?これ、身体を冷やしてしまう原因=バストアップの妨げになるんですよ。身体の代謝を良くすることで、バストにもきちんと栄養が届くヘルシーな身体を目指しましょう。

5.偏った食生活

ダイエットの項でもお伝えしましたが、栄養バランスはバストアップにとって必須。中でもファストフードや糖分(白砂糖)の多い食生活は身体を冷やす原因にもつながり、バストアップへの道は閉ざされてしまうかも!?

6.寝不足

ヘルシーな生活といえば、寝不足ももちろんNG。バストを育てる女性ホルモンは22時から2時の間に最も分泌されるといわれており、できればその時間にはベッドに入っているのが理想的です。

7.タバコ 最後はタバコ!

タバコは女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌を減少させ、男性ホルモンを活性化する作用があることが分かっています。バストアップを目指すなら、もちろん禁煙で!

いかがでしたか?バストアップできない理由となるNG生活習慣はさまざまですが、基本的には身体に良いヘルシーな暮らしをすることがバストアップにつながるんですね。さぁ、皆さん(&筆者)、理想のバストを目指してがんばりましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする