胸が大きくならない原因と理由

ふっくらと、柔らかそうな豊かなバストは、いつの時代も女性らしらの象徴です。一方、胸が小さいことに悩んでいる女性も多くいるのが現状です。胸の大きさを決めるのは、遺伝だけではありません。胸が大きく成長するメカニズムを知って、コンプレックスの改善につなげましょう。

胸が大きくなる仕組み

 

女性の胸は、1割が乳腺、9割が脂肪でできています。女性ホルモンの分泌が活発になる10歳ごろから、エストロゲン(女性ホルモンの一種)の作用で乳腺が増殖します。比例して脂肪も増えていき、女性らしい胸が形成されます。胸が小さい女性は、この「乳腺」が発達していないことが多くなっています。

胸が小さいのはなぜ?遺伝、ホルモン、生活習慣?

では、乳腺が発達しにくい女性には、どういった原因があるのでしょうか。遺伝体型やホルモンの分泌状況は、遺伝によるものも大きくなっています。母親の胸が大きいと、娘も胸が大きくなる可能性は高くなります。しかし、必ずしも母親と同じような体型になるとは言えません。時代によって食生活なども変化します。胸の大きさは遺伝だけではなく、生活習慣によって左右されることが多いんです。

ホルモン乳腺の発達には、女性ホルモンが関わっています。女性ホルモンは、食生活や睡眠など、生活習慣の影響でスムーズに分泌ができなくなることもあります。健康な生活を心がけると、正しく分泌されるようになり、胸の形成に繋がります。生活習慣食生活や睡眠などの生活習慣は、女性ホルモンの分泌だけでなく、体全体に関わります。

ちきんと栄養を睡眠をとっていれば、体じゅうの細胞が正常に働き、胸を支える筋肉も発達します。姿勢が悪い猫背で、常に前かがみの状態でいると、血行が悪くなり、バストにしっかりと栄養が届かなくなります。さらに、胸を張っていないので、本来より胸が小さく見えてしまいます。過度なダイエット胸の9割は脂肪ですから、体が全体的にふっくらとしている女性は、胸もある程度の大きさのことが多くなっています。

しかし近年、女性たちはモデルのようなスラリとした体型にあこがれてダイエットをしているので、全体的に脂肪率が低くなり、胸も小さめになっています。適度に筋肉のついた健康的なスリムであれば逆に胸の大きさが目立つのですが、過度なダイエットは体じゅうの脂肪をなくします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする