胸を大きくする食事と生活習慣

胸の大きさは遺伝だけが原因ではありません。胸が小さいと悩んでいる人は、その生活習慣や食事を見直すことで、バストアップを目指すことも可能です。それは、女性らしい体のためにはホルモンバランスが重要で、改善のためには生活の見直しが必要だからです。胸を大きくするために、今日からでも実践できる対策はあるのでしょうか。気軽に改善できることを中心にまとめました。

食生活

胸だけでなく、体を作っているのは主に食事から摂る栄養素です。たんぱく質には筋肉や血液をつくる働きがあります。たんぱく質とイソフラボンを意識して摂取することで、胸が大きくなったという例があります。ハリのあるバストを保つには、コラーゲンの生成を助けるビタミンCも大切です。胸の形成に役立つオススメの食材をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

大豆-植物性たんぱく質とイソフラボンを豊富に含み、低脂肪。加工品も多く、取り入れやすい。鶏胸肉-たんぱく質が多く、脂肪が少ないため肉類のなかではヘルシー。
キャベツ-キャベツに含まれる「ボロン」という成分は、エストロゲンの働きを高める。
チーズ-アミノ酸が筋肉をつくる助けになる。
いちご-ビタミンCが豊富なので、コラーゲンの生成に役立つ。

生活習慣質のよい睡眠

 体の細胞の多くは、睡眠中に生まれ変わる準備をしています。睡眠中に分泌される成長ホルモンが大きく関わっているためです。時間だけでなく、睡眠の質も大切になってきますので、毎日決まった時間にベッドに入ることが大切です。寝る前はパソコンやテレビなどを消し、ゆったりとした音楽を流してリラックスしましょう。
運動不足の改善 激しい運動は、全身の脂肪を燃焼させますから、胸の脂肪も減ってしまうことがあります。しかし、運動不足が続くと血行が悪くなるため、胸の発育によくありません。軽めの散歩や階段の上り下りなど、日常生活の中の運動も充分に体が温まります。さっそく今日から取り入れてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする