バストアップに効果大というプエラリアって何?

バストアップについて調べていくうちに出会う「プエラリア」という言葉。魔法の呪文のような言葉ですが、プエラリアとは一体どのようなものなのでしょうか?今回はバストアップに効果があると評判のプエラリアの成分、効果、副作用について紹介します。

プエラリアとは?

プエラリアの原料は、ミャンマーやタイ北部に自生する、プエラリア・ミリフィカというマメ科の植物です。成長すると根っこに大きなかたまりができます。この部分に色々な効能があるとされ、タイでは若返りの特効薬とも言われてきました。プエラリア・ミリフィカの有効成分は、イソフラボン、ミロエストロールやデオキシミロエストロールといった植物由来ものです。これらは体内で、エストロゲンと似た働きをします。エストロゲンは、バストアップに欠かせない女性ホルモンです。このため、プエラリアはバストアップのためのサプリメントの他、バストマッサージ用クリームなどに配合されています。

プエラリアの成分

プエラリアにはデオキシミロエストロールと呼ばれる成分を含んでいます。このデオキシミロエストロールは酸化することでミロエストロールと変化します。ミロエストロールは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする成分で、大豆に含まれるイソフラボンのなんと約40倍も含むそうです。そもそも、エストロゲンには女性らしい丸みを帯びた体を作る効果がある他、美肌効果や髪のハリやコシを保つためにも役立ちます。

プエラリアのバストアップ効果

プエラリアは女性ホルモンに似た働きをするミロエストロールの他、プエラリンと呼ばれる美乳効果があるイソフラボンの一種が含まれていることが特徴です。プエラリンはプエラリアにも1%程度しか含まれておらず、大豆にはほとんど含まないとても貴重な成分です。ミロエストロールとプエラリンは乳腺を発達させ、バストの大部分を占める脂肪を増殖させる働きがあるので、バストアップに効果があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする