タバコを吸う人は胸が小さい?タバコとバストアップの関係

タバコを吸う人にとって、現代社会はなかなかつらいものがありますね。タバコを吸える場所も限られ、金額も年々値上げされ……さらに、もしもタバコがバストアップの妨げになっているとお伝えしたら、悲しんでしまいますか?でもこれ、事実なんです。ということで今回は、タバコを吸う女性に改めて考えてほしいタバコとバストアップの関係について調査してきました。

タバコとバストアップに関係はあるの?

最初に疑問はシンプル。果たしてタバコとバストアップには本当に関係性があるのでしょうか?タバコは肺に負担をかけるというのは分かりますが、バストのサイズとは関係はなさそうな気もします。でも、この答えは、イエス!タバコとバストアップには大きな関係があります。では、次の項からその関係を紐解いていきましょう。

タバコとバストアップの関係

 1.エストロゲンの減少エストロゲンとは女性ホルモンの一種で、女性の身体が丸みを帯びて女性らしくなるような作用を司っています。そしてこのエストロゲン、タバコを吸うことで、その分泌量が減少することが分かっています。エストロゲンは、もちろんふんわりと丸いバストを作るのに欠かせない存在。それが、タバコによって、減少してしまうんですね。

 2.男性ホルモンの活性化さらに、タバコを吸うことで、女性の身体の中にある男性ホルモンが活性化するということも判明しているんだそう。男性ホルモンは、タバコを吸った時に出るドーパミンという物質によって、活性化され、その活動が盛んになります。ただでさえ、エストロゲンが減少してしまっている状態なのに、男性ホルモンが活性化してしまっては、バストアップへの期待は……。確かに、タバコとバストアップには大きな関係があるんですね。

バストアップのためにはタバコは控えめに

いかがでしたか?直接的な関係があるようにっは思えないタバコとバストアップ。でも実際には、女性ホルモン・エストロゲンの分泌量の減少と、ドーパミンによる男性ホルモンの活性化というWパンチの影響があることが分かりました。しかも、こっそり追加しておくと、タバコを吸うことで失われるビタミンCはハリのある胸を作るのに欠かせない成分。タバコは、まさにバストアップにとっても、百害あって一利なしなんですね。ハリとボリュームのあるバストになりたいと願っている人はまず、タバコをやめることから始めましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする