バストアップに効果があるツボ

バストが小さいことにコンプレックスを感じている人は、どうにかしてバストアップできないものだろうかと悩みますよね。バストアップのために日々いろいろと試していてもあまり効果が上がらず、結局ムリなんだとあきらめてはいませんか?

実はバストアップに効果のあるツボがあります。ツボを刺激するだけでバストアップできるか半信半疑に思う人も、簡単なのでバストアップに効果があるツボをまずは刺激してみませんか?

バストアップに効果があるツボ

壇中(だんちゅう)壇中は、女性ホルモンの分泌を促すことで、バストアップに効果が期待できるツボです。壇中は両腕を上げたときに左右の乳首を結んだ中央にあり、指で押してみると痛みがある場所です。ストレスの緩和にも効果があるので、バストが小さいことでのストレスからも解消できるかもしれません。

神封(しんぽう)神封は女性ホルモンの分泌を促すことでバストのハリをアップし、バストアップに効果のあるツボです。神封は胸の谷間から両方の乳頭寄りに指三本分外側に行った凹んだ箇所にあります。バストの形を整える効果も期待できるので、垂れ乳や離れ乳の人にうってつけのツボです。

渕腋(えんえき)渕腋はバストのハリをキープする効果があるツボです。渕腋は両脇の下、乳首から約10センチ離れた位置にあります。両方同時に親指で刺激しましょう。血流を促してバストに必要な栄養を運ぶと同時に、リンパの流れを良くし、バストを小さく見せる猫背対策にも効果的です。

乳根(にゅうこん)乳根は女性ホルモンの分泌とリンパの流れを促してバストアップに効果を発揮するツボです。乳根は両方の乳頭から指2本分下がった場所にあります。バストの下側から親指で押すようにしましょう。産後に母乳の出が悪い人が刺激すると、母乳の分泌を促す効果も期待できます。

天溪(てんけい)天溪は女性ホルモンの分泌を促すことで乳腺を発達させ、バストアップに効果があるツボです。両脇の下に位置し、左右の乳首と同じ高さにあります。バストの下から親指で押し上げるように両側同時に刺激しましょう。バストアップだけでなく、垂れ乳防止にも効果があります。

バストアップのツボ押しで気を付けたいこと

ツボを刺激するのは、入浴中や入浴後の体が温まっているうちがより効果が出やすいと言われます。息を吐きながら1回に3秒ずつ5回ずつツボをイタ気持ち良い程度に刺激するようにしましょう。ただし、食後や体調が悪いとき、妊娠中はツボの刺激を控えるようにします。
小さなバストが気になる人はまず、お手軽なツボの刺激を日課にして、バストアップの効果を実感してみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする