産後のバストアップに豆乳がおすすめな理由と効果的な摂り方

産後のバストケアには多くの女性が取り組んでいます。そして注目されているアイテムが豆乳です。スーパーやコンビニなどでも気軽に購入することができ、アレンジも簡単なのも魅力の一つです。今回はそんな産後のバストケアに効果的な豆乳の効果の理由や摂取方法について調べてみました。

どうして豆乳が産後のバストケアに効果的なのか?

産後のバストの変化は出産直後に急激に減少する女性ホルモンの影響があります。しかし豆乳に含まれるイソフラボンには女性ホルモンと非常に似た働きをする性質があり、その不足した女性ホルモンを補うことができるのです。女性ホルモンを補うことで少なくなってしまった乳腺も再び増やすことができ、またふっくらとしたハリのあるバストを手に入れることができます。また豆乳は大豆製品の中でも特に吸収率が90%以上と非常に高く、体に吸収されやすいためより効果的にバストアップが期待できるのです。

無調整の豆乳を選ぶことがポイント

豆乳は調整豆乳や豆乳飲料、無調整豆乳など種類も豊富です。その中でも無調整豆乳が一番イソフラボンが豊富に含まれており、その分高い効果も期待できます。産後のバストアップを期待するのであれば是非無調整豆乳を選んで飲みましょう。

飲むタイミングや量は?

基本的に豆乳を飲むタイミングは決まっていませんが、朝食前に飲むことでより吸収率も高まり、便秘改善効果も期待できます。また就寝前に飲むと就寝中に成長ホルモンが多く分泌されるためバストアップには効果的です。しかし生理中は豆乳の効果でかえってホルモンバランスが乱れてしまう可能性もあるため一時飲むのを中止しましょう。一日に飲む量はコップ1杯200mlを目安に飲みます。温めて飲むとより吸収率が高まるためホットで飲むこともおすすめです。より効果を得たいとたくさん飲んでも不要なイソフラボンは体外に排出されてしまい逆効果です。それよりも継続してコツコツ続けていくことがとても重要なのでバナナやきな粉、ココアなどでアレンジをしながら毎日飲み続けていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする