バストアップサプリとピルを同時使用するのは危険?

バストアップサプリは使用することで運動などをせずに高いバストアップ効果が実感できると多くの女性に支持されています。しかしその高い効果の一方使用方法に注意しないと思わぬ副作用や危険もあります。今回はそんなバストアップサプリとピルを同時使用するのは危険なのか、またその副作用について調べてみました。

ピルとバストアップサプリの同時使用は危険?

 

ピルとバストアップサプリの併用の際に注目したいのはバストアップサプリに含まれている成分です。特にプエラリアミリフィカが配合されているサプリメントは副作用を及ぼす危険が高いため注意が必要です。プエラリアミリフィカは女性ホルモンの分泌を促し、乳腺を発達させてバストアップ効果を促していくため、使用方法を誤るとホルモンバランスが乱れてしまいます。

ピルの服用による体の変化

 

ピルはそもそも生理不順や生理量の調整、月経困難症に経口薬として使用されています。黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類の女性ホルモンが含まれており、ホルモンバランスを整えながら治療を進めていきます。そして病院で処方されているピルのほとんどが低用量ピルで、体への変化も少なく、副作用もほとんどありませんが、それでも体のホルモンを変化させていくことで吐き気や不正出血、乳房のハリなどを感じる方がいます。

ピルとバストアップサプリを併用した場合に起こる副作用 ピルでホルモンバランスを整えているうえに、さらにバストアップサプリで女性ホルモンを過剰分泌させるとホルモンバランスは乱れてしまう危険があります。ピルで治療を行っている方は本来の治療がうまくいかなくなってしまうこともあります。また、女性ホルモンの過剰分泌により生理不順や不正出血、女性特有の疾患のリスクが高まる危険もあります。これらの副作用を起こさないためにもプエラリアミリフィカが配合されていないバストアップサプリを使用するか、ピルの服用を中止して安全にバストアップケアを行っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする